夏ネイルの紹介

最新の夏ネイルをご紹介します。
夏のネイルはさわやかさやクリア感などが重視されてトレンドが決まる傾向があるようです。

まず鉄板なのが『たらしこみネイル』。
まるで海の波のような立体感のある美しさがあります。
ブルーベースならさわやかな海。オレンジベースなら夕暮れのサンセットビーチ。
ピンクベースでも可愛らしく、何色でも合います。むしろ夏限定のネイルアートです。

これはジェルでないと作れません。
ジェルの時間差で『広がる』という性質を利用した技法です。
まずベースを爪に塗布し、好みの色が出るまで重ね塗りします。
最後まで硬化したらクリアを塗り。仮硬化。その上からホワイトを薄く塗ったら、クリアをドット棒でランダムに落としていきます。
少し待ってクリアが広がり、下塗りのホワイトを押し、網目のように広がって好みのデザインに近づいたら硬化します。
最後にトップジェルを2度塗りしたら出来上がりです。

次に『水彩ネイル』。
これは難しそうに見えてとても簡単です。材料はソフトジェルと水彩絵の具。ポイントは水彩絵の具をたっぷりの水に溶かすこと。
普通絵の具をネイルに使うときは、水は少なめに、多少ゆるくなる程度しか入れません。
ですがこれは結構入れて大丈夫です。
出した絵の具の3倍は水を使います。ベースはあらかじめジェルを塗り硬化。ワイプでふき取り、ベースコートを塗り、乾かします。
乾いたら、溶かした絵の具を筆で花びらの形になるように爪へ落とし、10秒待ちます。
するとだんだん外側から乾いてくるので、外枠が出来たら内側の水分を筆で吸い取ります。
完全に絵の具が乾いたら、次の花びらを同じように描きます。
最後にトップジェルを塗って出来上がりです。
これはマニキュアでも作れるので、ジェルを持っていない方でもできます。

今はジェルネイルを自分でやる『セルフネイル』もポピュラーになってきました。
上記のデザインは水着や浴衣にもよく合いますし、見た目と違って簡単なのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。