うるツヤ発光肌,ハイライト

うるツヤ発光肌に大切なのはツヤと透明感で、内側から光輝くような発光肌がポイントとなります。
うるツヤ発光肌になるためにはメイクの時にハイライトを仕込むことも必要です。ハイライトがないとのっぺりとした印象の顔になり、ハイライトを入れるとツヤが出て潤っているような印象になります。

ハイライトは入れる場所によってなりたい顔になることができます。
額にハイライトを入れる場合は、額を広く見せたり丸みを強調し高くみせる効果もあります。上瞼の中央に入れる場合は、目元に立体感を出したり明るくみせる効果があります。鼻筋に入れる場合は鼻を高くみせたり長くみせたりします。頬骨上に入れる場合は、頬を明るく高くみせ、華やかさを演出できます。顎先に入れる場合は顎をシャープにみせたり、顎や唇と立体的にみせることができます。ほうれい線に入れるとリフトアップ効果が期待できます。

また、全てのメイクが終わったら目と眉をつなぐ顔の側面のcゾーンと目の下に入れる方法もあります。cゾーンに入れることでこの部分がふっくらと立体的にみえ顔のかたちを補正してくれます。目元が明るくなるとそれだけで美しくみえるものです。目の下は、顔の中心を高くみせて理想の卵形に整える効果が期待できます。この部分は人の視線が集まる部分で、キレイに仕上がっていると肌全体がキレイにみえるようになるため、丁寧に仕上げます。

ハイライトはベースのファンデーションの色よりも1トーンから2トーン明るい色のファンデーションやハイライト専用のパウダーを使用して顔にライトが当たっているようなツヤをだしたり、立体的に見せたり、肌を明るく透明に見せることができます。ファンデーションを塗ったあと、大きめのブラシで粉を馴染ませてから大きく筆を動かしながら入れると自然な印象になります。色によって効果が異なるため目的に合わせて選びます。パープルは透明感をあげナチュラルな仕上がりで、薄いパープルピンクは華やかに仕上げたい時に良いです。パウダーだけではなくリキッドタイプもあります。リキッドタイプの場合は少しずつ指にとり指で叩くようにぼかします。